<u id="qwiks"><wbr id="qwiks"></wbr></u>
  • <tt id="qwiks"><rt id="qwiks"></rt></tt>
  • <tt id="qwiks"></tt>
    本文へスキップ

    株式會社テクノワークスはアイトラッカーを専門とする研究開発型の技術會社です。

    TEL. 053-476-1553

    〒430-0903 靜岡県浜松市中區助信町34番31號

    サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

    サービス一覧

    「ナンバープレートの分析(EDR映像分析サービス)」

    愛車や會社の車両等が、當て逃げ、ひき逃げ、イタズラ、車上狙いなどで被害に遭われ、ドライブレコーダー等で撮影された映像がありながら、対象車両のナンバープレートが見えないために加害者を見つけられない。こんな時には、弊社がオリジナルの畫像処理裝置と畫像処理技術によって目的のナンバープレートの情報を分析します。成功の確率はご提供の映像の狀態に依存しますが、映像の狀態が悪くて諦めていたケースでも高い確率で対象車両を斷定できています。一般車両保険で修理すれば次の更新時から保険料が高くなりますし、自腹での修理では腹の蟲が治まりません。諦めて泣き寢入りする前に弊社にご相談頂くことで悩みや問題が一気に解決するかも知れません。詳細は??こちら


    ○○○○○○○○イメージ

    「交通事故の詳細な狀況分析(EDR映像分析サービス)」

    交通事故の示談交渉が難航しているケースや裁判に発展してしまったケースなどは、必ず當事者雙方の主張の食い違いやお互いに証明または説明できない事象や問題點等が発生しています。それらはドライブレコーダーの映像を分析することで、科學的な根拠の基づいて証明できる可能性があります。例えば、爭點や問題點が治療通院期間の問題、相手車両の視認の可否、停止線での停止可能の可否、走行軌跡や進行方向による蛇行走行や前方不注視等の有無など、映像を分析することで結果として様々な情報を得られます。この分析結果によって真実が明確になりますので泥沼だった食い違いが容易に解決するかも知れません。勿論、分析にはドライブレコーダー等の映像が存在していることが必要條件ですが、爭點や問題點等のネックになっている部分をご相談頂ければ解決の糸口が見えるかも知れません。詳細は??こちら

    「社用車や公用車などのドライバーの運転評価(EDR映像分析サービス)」

    企業の社用車、官公庁の公用車に取り付けてあるドライブレコーダーの映像を分析して車両を利用したドライバーの運転を評価します。最近は會社や官公庁の看板を背負っている車両でありながら、信號無視や一旦停止不履行、運転中のスマホ使用、亂暴な運転などの法律違反やマナー違反の行為をよく目にします。管理者の目の屆かない場所での振る舞いであることから、交通事故の発生や第三者からのクレーム通報以外は管理者が知る由もありません。この様な運転は重大事故や會社の信用を大きく失墜させる原因になりかねません。対策方法としてはドライバーの運転評価が最も効果的です。抜き打ちで実施する運転評価によって、ドライバーの自覚を高めて法律違反やマナー違反の抑制につながり、交通事故を未然に防ぐことができます。詳細は??こちら

    製品一覧

    「TE-9200 注視點測定システム(アイトラッカー)」

    一般的にはアイトラッカーと呼ばれている視線測定裝置(注視點測定裝置)です。本製品は被験者に器具等を何も裝著しない非接觸型を採用していますので、被験者が心理的な圧迫や弊害などの影響を受けることなく自然な狀態での信頼性の高い測定データの取得が可能です。そのため、被験者が定位置でディスプレィ等に表示された刺激に対しての測定が基本となります。尚、測定データはエクセル形式で出力されるためご自身でデータ編集、表作成やグラフ化なども容易にできます。詳細は??こちら


    「TE-9101 注視點検出ユニット(視線入力裝置)」

    「TE-9200 注視點測定システム」の心臓部の構成品です。本ユニットは被験者が注視しているコンピュータディスプレイ上の注視點座標(X,Y)を検出することができるため、「コンピュータの入力裝置」として単體での利用が可能です。ユーザーがアプリケーションやシステム開発する際は本ユニットから1/60秒ごとに出力される注視點座標を入力して目的に応じてデータを利用します。視線測定に関する設定は全自動ですので専門知識は必要ありません。ただ、電源をオンにして被験者の眼球を眼球映像用のカメラで撮影すれば被験者の注視點を測定できます。尚、「Bタイプ」はA4サイズの通常版、「Cタイプ」はA5サイズのコンパクト版になります。詳細は??こちら


    「TE-9100 自立支援型介護システム(重度障害者用意思伝達裝置)」

    弊社が1998年に発売開始した「元祖!」重度障害者用意思伝達裝置です。弊社の重度障害者の視線検出技術の研究は1993年に開始して現在に至り25年以上も継続しています。「視線で操作する重度障害者用意思伝達裝置」は弊社が考案および実用化したものです。重度障害者や身體の不自由な高齢者などが指一本動かさずに「目の動き」と「瞬き(または數秒間の凝視)」によって意思を介助人やご家族等の第三者に容易に伝達することができます。詳細は??こちら


    バナースペース

    株式會社テクノワークス

    〒430-0903
    靜岡県浜松市中區助信町34-31

    TEL 053-476-1553
    FAX 053-476-1576
    mail : webmaster@www.tjsltp.cn

    少妇之肉